任意売却を業者に依頼すると様々なメリットがある

任意売却を業者に依頼すると様々なメリットがある

住宅ローンを延滞すると、保証会社が代位弁済してローン残金の一括請求がされることになります。
もちろん毎月のローン返済すら間々ならない状況では、残余債務を一括返済することなど無理なので、結局裁判所の管理の下で競売手続きに入り最終的にはマイホームをてばなすことになるわけです。
競売では相場よりも安い価格で売却されるのが一般的なので、土地家からは出て行く上に残債務が残ってローン返済するだけという最悪の状況になります。
このような最悪の選択肢を回避するには、任意売却がおすすめです。
任意売却とは通常の相場でのマイホームの売却を進めながら、金融機関との間で残ローンの今後の返済方法などを話し合うというものです。
任意売却を利用することのメリットは、競売手続きよりも高額な価格でマイホームを処分できるということを指摘することができます。
また収入の枠内での無理のない分割返済など、柔軟なローンの処遇を話し合いで合意できるのもメリットです。

任意売却を検討する時は専門家を選びましょう

多くの人が、住宅を購入する際に住宅ローンを組みます。
今後何十年も住み続けるであろう家に住みながら毎月決まった金額を返します。
ですが、何らかの事情により住宅ローンの返済が厳しくなる時があるかもしれません。
そんな時は、各金融機関に返済額の見直しを相談します。
多くの場合はこの段階で解決します。
金融会社も家賃の滞納が続くと困るので良い案を出してくれます。
それでも無理なら自身が所有する土地や建物を任意売却物件として売却を検討しましょう。
金銭に関わる事なので、知識豊富な専門家に聞くのが安心です。
通常は家を売却する際に今組んでいる住宅ローンを完済して金融機関が差し押さえられる権利を抵当権といいますが、この権利を抹消して買主に家を渡します。
原則として完済が条件ですが、任意売却は売る時の金額よりローン残高が大きい状態で行う方法なので、売却してローンの完済は出来ません。
売却金額を全部返済に充当する条件で銀行と交渉します。

著者:三野達男

長野県松本市生まれ。長年不動産関係の仕事に従事。自身の経験を活かして不動産関係のコラムを多数執筆。