任意売却を業者に頼むときの注意点

任意売却を業者に頼むときの注意点

失業やリストラなどの影響で、月収が大きく減少したとき気がかりなのはマイホームの住宅ローンです。
住宅ローンでは毎月支払うべき金額は決まっており、延滞すると三ヶ月もすれば保証会社が代位弁済し、残余金の一括請求を受けることになります。
これらの事実はいずれも通知されますが、開き直って放置しておくと裁判所が関与する競売手続きに移行しせり売りで第三者に売却されてしまいます。
強制的にマイホームから追い出されるばかりか、相場よりも安い競売代金ではローンをすべて返済するのもままなりません。
このような事態に移行する前に任意売却を検討するのは賢明です。
任意売却のメリットは、相場価格でのマイホームを処分できることと、残債務も無理のない返済計画をたてることができることにあります。
しかし注意点としては、任意売却を依頼するタイミングを逸しないことにあります。
仮に競売手続きが開始すると、債権者の同意なく競売手続きを取り下げることができなくなってしまうからです。

任意売却をする際に事前に確認しておくべきこと

任意売却をする時に事前に確認しておくことは現状の把握です。
住宅ローンの支払いが滞ってしばらくすると、借入をしている金融機関から督促状が届きます。
任意売却は金融機関が支払い不能と判断すると競売にかけられてしまい、そうなると住んでいる人の意見は聞かれず、家を出ていかなければなりません。
そのためできるだけ早く手続きをしなければなりませんが、まずは現状を調べます。
残債がいくら残っているか、今家を売るとどのくらいの価値があるかなどを調べることで、現状を把握できます。
お金を借りている金融機関に問い合わせると,正確な残債金額や滞納額が確認できるので、それらを基にして不動産のポータルサイトや不動産広告などを参考にすると、自分の家と同じ条件のものがいくらぐらいの価値があるかわかります。
もしも売却してローンも完済できればそれにこしたことはなく、次に住む住宅の心配もないからです。
このように任意売却の前には、現状をしっかり把握することが次に進めるステップになります。

著者:三野達男

長野県松本市生まれ。長年不動産関係の仕事に従事。自身の経験を活かして不動産関係のコラムを多数執筆。