絶対に失敗したくない任意売却!任意売却の専門業者の選び方を分かりやすく解説

このサイトでは、任意売却の専門業者の選び方のポイントについて分かりやすく解説していきます。
選ぶためには確かな知識が求められるわけですが、その理由の中には悪質な会社も含まれていて注意を要するなどが挙げられます。
悪質な会社に依頼してしまうと様々なトラブルが起きる可能性もあるので注意を要しますが、しっかりした会社に依頼することで生じる様々なメリットなどについても解説しているので参考にされることをおすすめします。

絶対に失敗したくない任意売却!任意売却の専門業者の選び方を分かりやすく解説

任意売却の依頼先を決めるときのポイントは、第一に任意売却の実績が豊富にあることを確認する点です。
任意売却の実績を多く持つ業者は、債権者でもある金融機関からの信頼を集めているのでスムーズに任意売却ができるメリットを持ちますし、弁護士や司法書士など法律の専門家とのネットワークもあるので様々なトラブル対応も可能にしてくれます。
他にも、地元の業者に依頼することや残債の整理および債務問題などに強いところを選ぶのがおすすめです。

任意売却の相談はどこにすればいいの?

任意売却の相談を検討する場合に悩むのは、どこにすればいいのかということではないでしょうか。
任意売却の相談に乗っている主な場所は、不動産会社を始め弁護士や司法書士です。
不動産会社は不動産を取り扱うプロとして、弁護士は法律面に強い専門家として頼りになります。
また司法書士も弁護士とは違った形で頼りになる専門家ですし、銀行も任意売却に関する知識に精通しているので、足を運ぶ検討に値する場所だといえます。
改めて確認すると、任意売却は不動産会社や弁護士事務所、司法書士事務所に銀行の窓口が選択肢だと分かります。
結局のところいずれも得意不得意がありますし、1箇所で満足の答えが得られるとは限らないので、複数の相手と話をしてみることをおすすめします。
無料で話ができる機会があれば積極的に活用すること、そして比較検討して最も頼りになりそうなところに、もう一度足を運ぶことがポイントです。
いずれにしても、1箇所のみで判断しないこと、一人で悩むのではなく話を聞いてもらいアドバイスをもらうのが正解ではないでしょうか。

任意売却をサポートする法人ってあるの?

急な失業や自然災害、病気などを理由に住宅ローンを支払えなくなる事態が発生した時、任意売却制度を利用する方法が考えられます。
任意売却とは金融機関の承諾を得たうえで、所有者の意思によって市場に売りに出す仕組みです。
しかし、任意売却制度はそれほど認識されている制度ではなく、また金融機関をはじめとする債権者との交渉も必要になるハードルが高い売却方法になります。
例えば、この制度を使って新しい買い手が見つかって契約に至ると、元の所有者が住宅ローンを組んだ時に設定した抵当権を消滅させる必要があります。
この時に、適切な交渉を行う必要があります。
また、制度を利用して買い手を探すのも容易ではありません。
ゆえに、手続きをサポートしてくれるプロフェッショナルを活用することが望まれます。
基本的には任意売却を専門にする団体の手を借りるべきですが、不動産会社の中にもこれに対応可能なところもあります。
なお、債務整理や自己破産手続きなども並行して希望するなら、弁護士と提携している一般社団法人やNPO法人などを活用しましょう。

優良な任意売却業者の特徴を知っておこう

任意売却はさまざまな企業が取り扱っており、地域性や環境、予算などの要素で選ぶことができます。
よりスムーズに任意売却を行うためには、たくさんの企業の中から優良な企業を選ぶことが大切になるでしょう。
優良な企業のポイントには、宅建業の免許があることや相談員が在籍していること、レスポンスがスピーディなこと、そして任意売却に特化していることなどが挙げられます。
ホームページがある場合はブログなどの更新が滞っていない、実績が判る、代表者の顔が見えるといった点も挙げられます。
宅建業の免許は物件を扱う上での初歩的な要素です。
免許を持っている業者を優先的に選ぶと良いでしょう。
相談員が在籍していれば、判らないことや困ったことがあった時に相談しやすくなります。
レスポンスの速さは取引成立までの速度とも関わる要素です。
また、任意売却に特化していることも重要です。
特化型の企業は実績も多く、安心して任せることができます。

任意売却を業者に頼むとどれくらいかかるの?

住宅ローンの支払いが厳しくなった場合は競売で手放すことも考えていきたいところですが、競売では周囲に知られてしまうことになりますし、市場価格よりもかなり安くなるので家を手放しても残債が多くなってしまいます。
そこで、最近ではより市場価格に近い価格で売却ができる任意売却を選ぶ人も増えてきました。
競売よりも多くのメリットがある方法ですが、知識がないと手続きも難しくなってしまいます。
そうしたこともあり、任意売却は専門の業者に依頼するケースがほとんどです。
任意売却を業者に依頼する場合は費用がどれぐらいになるのかも気になるところですが、成立した場合の仲介手数料などの費用は物件の売却金額から差し引いて良いので、売主の負担なしで進めていくことができます。
相談なども無料で対応してくれることがほとんどですので、まずは相談から始めていきましょう。
家が売れたら退去する必要もありますが、交渉次第では引っ越し代を出してもらえる可能性もあります。

競売と比較した場合の任意売却のメリットとは

任意売却とは、銀行ローンの返済が困難になった住宅等を売却し、その代金を残債に充当することをいいます。
借り換えローンなど、他の資金調達手段が見つからない時にしばしば利用される手法です。
もしローンの返済が滞った状態を放置していると、債権者である銀行や保証会社が裁判所に申し立て、競売の手続きを進めます。任意売却の利用には、これを防ぐという目的もあります。
なぜ防ぐ必要があるかというと、競売は競争入札方式による強制的な換価処分のため、市価よりも著しく低い価格で売却される可能性が高いからです。
また、売却から住宅等の引き渡しに関するスケジュールも一方的に決められてしまうため、新居を見つけるための時間が十分に確保できないおそれもあります。
これに対して任意売却では、債権者の同意さえあれば任意に買い手を探すことができるため、市価に近い価格で売却することもできますし、スケジュールにもある程度融通を利かせることが可能です。そのため余裕をもって生活を立て直すことができます。

任意売却を弁護士に依頼するメリットとは何か

任意売却を行う際には、一般的には不動産会社に相談しその手続きを行ってもらうことが多いのですが、この場合では希に金融機関の同意を得ることができない場合もあります。
金融機関は抵当権を持っているため、その同意を得ることができなければ所有者であっても勝手に売却をすることができず、様々なトラブルを招いてしまうことも少なくありません。
売却をする場合には抵当権を除外することも必要であるため、これもその同意がなければ行えないことになり、売却価格が極端に低くなってしまうことも多くなります。
任意売却を行おうとした場合に様々なトラブルが発生しそうな場合には、そのサポートを弁護士に依頼することが非常に有効な方法です。
法律に基づいた交渉を確実に行うため、抵当権の対処やその他の手続きをスムーズに行うことができ、また売却をした場合の費用の分配方法なども法律的根拠に基づいて処置することができます。
競売に至ることを避けることで効率的な処分と債務の返済をすることができる方法であるため、近年では注目されています。

任意売却で家を売る時は専門の仲介業者に依頼を

ローンの返済が困難になった住宅等は、裁判所の決定に基づいて競売を行い、その代金で一括返済を試みることとなります。しかし債権者である金融機関や保証会社の同意が得られれば、競売以外の任意の手段で物件を売ることもできます。これを任意売却といいます。
任意ですから誰に売ってもいいのですが、知り合いなどが直接買い取ってくれるのでない限りは、一般市民が独力で買い手を見つけるのは容易ではありません。
そこで、通常は一般的な中古住宅等の売却と同じく、市中の不動産会社に仲介を依頼して手続きを進めることとなります。
ただ、どの不動産会社に依頼しても良いかというと、そうとも言えません。というのも、ローンの返済期限との関係上、できるだけ早く買い手を探す必要があるからです。
そのため、任意売却を行う時は任意売却物件の取扱い実績が豊富な不動産会社に依頼するのが賢明です。
そのような会社であれば、諸事情を勘案したうえで売出価格を決め、限られた時間で買い手を見つけるための特別なノウハウを持っています。

任意売却は抵当権抹消ができるものではない

住宅ローンを支払うことができない場合には、一般的には住宅が差し押さえられ競売にかけられることになります。
しかしこの場合にはその後の生活に対する影響が非常に大きく、様々な問題を生じるためにこれを避ける方法を考えることが重要となります。その中で有効な方法として、任意売却があります。
この方法は競売にかけられる前に自らの意志で住宅を売却し、この費用を住宅ローンの返済やその他の経費に充当すると言う方法です。
自分が希望する価格で売りに出すことができるため、住宅ローンの残額を支払って余裕がある場合には引っ越し費用を捻出することができるなど、経済的にもメリットの大きい方法となっています。
任意売却をする場合には、抵当権抹消をすることができるわけではないためこの点に注意をしなければなりません。
抵当権を持っている銀行やその他の金融機関に事前に相談を行い、同意を得てから始める必要があるため、この点には十分に注意をすることが大切です。

任意売却であればリースバックにより売った家に住み続けることも可能

任意売却とは、その名の通り住宅等の不動産を任意の手段で売却することをいいますが、ローンの返済が困難になったため、売却代金によって一括返済することを目的としているという点が通常の不動産取引とは異なります。
ローンの滞納状態が続くと競売によって強制的に物件を処分されるおそれがありますが、任意売却はこれを防ぐ目的で行われます。
競売は一般競争入札の形式で行われるので、落札者が決定するまで誰が買い手となるか分かりません。
しかし任意売却であれば、不動産会社に仲介を依頼しつつも自分で買い手を探すため、事前に条件交渉を行うことが可能です。そのため、同意が得られればリースバックを導入することもできます。
リースバックとは、物件を売却すると同時にその購入者と賃貸借契約を結び、今度は賃借人となってその物件に入居することをいいます。
この方式を使えば、たとえば住み慣れたマイホームを売らなければならなくなったとしても、その家を引き払う必要がなくなります。

著者:三野達男

筆者プロフィール

長野県松本市生まれ。
長年不動産関係の仕事に従事。
自身の経験を活かして不動産関係のコラムを多数執筆。
任意売却 相談